本文へ移動

キャッシュレス対応券売機

クレジット・電子マネー決済端末、QRコード読み取り・決済端末(オプション)を取り付けることで、キャッシュレス対応が可能な券売機です。
キャッシュレスでスムーズな決済が実現でき お客様の利便性を高め、混雑緩和にも効果的です。

経済産業省では「2025年までにキャッシュレス比率40%」にするという目標が掲げられており、
お客様にもメリットがあるため、キャッシュレス決済はこれからとても多くなると考えられます。

キャッシュレス決済導入のメリットには、インバウンド対応などの顧客層の拡大、会計のスムーズさ、
現金回収や釣り銭補充が少なくなるなどが挙げられますが、店舗様の利用料・手数料負担も発生するためメリット・
デメリットを理解した上で導入を検討ください。

券売機での決済には、クレジットカード・電子マネー読取・QRコード読取があります。
対応決済方法やブランド、対応機種に違いがありますので、店舗様の運用にあわせてご選択ください。
キャッシュレス対応券売機の特徴

インバウンド対応も安心

タッチパネル券売機で多言語対応したのはよいが、決済が現金のみでインバウンドのお客様をのがしていませんか?
キャッシュレス対応(特にクレジットカード)にすれば、インバウンドのお客様の利便性を向上できます。

衛生面でのメリット

コロナ禍の中、ウイルス対策の為、スタッフが現金に触れる事はしたくないですよね。
お客様が現金に触れる事がもちろん、回収時にもスタッフが現金に触れる事が少なくなりますので
手洗い・消毒の回数も少なくなり、衛生面でのメリットがございます。

新規ユーザーの獲得

キャッシュレス決済会社がキャンペーンなどを行っている事もあり、通常使用しているキャッシュレス決済が使えることでお店を選ぶお客様もいらっしゃいます。
そうしたお客様向けに使用できるキャッシュレス決済の種類を増やすことで、より多くの新規ユーザーにアピールすることができます。
キャッシュレス決済をメインにされる方など、さまざまなお客様に利用してもらう機会が増えます。

防犯対策になります

日本では治安が良いため、現金を持ち歩くことに対して不安はないでしょうが、他の国では現金を持ち歩くことは強奪・盗難のリスクがあるため、キャッシュレス決済が進んでおります。
もちろん店舗でもキャッシュレス決済を導入すれば、店舗にある現金が少なくなりますので、防犯対策にもなります。売上金や釣り銭はお店に保管されるため、盗難の可能性があります。
キャッシュレス決済を導入すれば、そういったリスクを抑えることができるため、防犯上のメリットがあります。
クレジットカード
キャッシュレス決済で、一番使用されているのがクレジットカードです。後払いができるカードのことで券売機はもちろん、コンビニやスーパーでのショッピングや、オンラインショッピング、水道や光熱費等の公共料金、税金など幅広いシーンで支払いに利用できるカードです。
しかし、クレジットカードは信用に基づいて発行されるので、必ず審査があり、18歳以上(高校生を除く)でないと発行することができません。

電子マネー
電子マネーとは、電子的なデータのやりとりによって決済を行う決済サービスの一種です。カードを端末に「ピッ」と触れさせるだけで支払いができます。精算の時にサインする必要はありません。
スイカなどに代表されるICカードだけでなく、対応しているスマートフォン、スマートウォッチなどでも利用でき、スピーディな会計が魅力です。

QRコード決済
QRコード決済とは、サービスを提供する店舗側の情報や利用者側の支払い情報などに紐付けられていて、コードを通して利用金額とともに読み込むことで、決済アプリやクレジットカードから利用額が引き落とされるしくみです。
共通規格「JPQR」の導入や、ポイント還元などのキャンペーン展開もあり、さらに普及が進むと考えられます。

クレジットカードブランド

・VISA・Master・JCB・アメリカンエクスプレス・ダイナースクラブ

電子マネーブランド

・QuicPay ・nanaco ・楽天エディ ・waon
・交通系(suica、PASMO) ・SAPICA ・ PiTaPa

QRコードブランド

(中国)・ALIPAY ・WaChatPay
(国内)・PayPay ・d払い ・auPAY ・LINEPay ・メルペイ ・楽天Pay

※機種により対応に違いがありますのでご注意ください
TOPへ戻る